最近の葬儀事情

近年の傾向

お墓

ここ数年、規模の小さな葬儀を希望する人が増えてきました。平均寿命が長くなり、亡くなる人の年齢がかなり高くなったことや、核家族化が進んだこと、家族の形の多様化が進んだことなどが、その原因になっていると考えられています。亡くなった人の年齢が高ければ、従来通りの形式の葬儀を営んだとしても、弔問客がとても少ない寂しい葬儀になってしまう可能性が高いです。また、近所付き合いや親戚付き合いをほとんどしていなかった人や生涯を独身で通した人が亡くなった場合にも、同様のことが言えます。最初からそれほど多くの弔問客が来ないことがわかっているのに、形ばかり取り繕っても意味がありません。そのため、最近では、火葬式や家族葬など、簡略化されたこじんまりとした形式の葬儀を営む人が多くなってきました。

なぜ人気を集めているのか

火葬式や家族葬のような形式の葬儀がなぜ人気を集めているのかというと、安い費用で済ませることができる、遺族の負担を軽減することができる、故人としっかり向き合うことができるなどのメリットがあるためです。火葬式を営む場合であれば20〜30万円、家族葬の場合は50〜100万円前後の費用負担で済ませることができます。一般的な葬儀の費用目安が概ね200万円前後になっていることを考えると、かなりリーズナブルな料金だと言うことができます。また、火葬式の場合は弔問客の対応が全く不要になりますし、家族葬の場合も必要最小限の対応で済ませることができます。弔問客の対応は気疲れするものですし、酒食のもてなしが必要になりますから、その分の費用もかかります。でも、火葬式や家族葬の場合は、それらのことに心をくだく必要がなくなりますので、故人との最後の時間を濃密なものにすることができます。