葬祭の知識を深める

葬祭の人気の理由

数珠

葬儀は無くてはならない儀式の1つです。その葬儀でお墓まで作って約100万円のプランも用意されていますが、このようなプランは人気となっています。葬儀費用を始め、僧侶へのお布施、お墓とそのあとの永代供養まで含めてのプランです。このプランでは、お墓は露地に設営された石塔付きの墓や納骨堂形式の個人墓を想定しています。費用を抑えられるだけでなく、檀家のような寺院とのつき合いも必要ないというメリットがあります。このようなお墓は、全国に多くあります。特徴として都心部に多くあります。このプランは、いくつかの条件が出てきます。まず、対象は菩堤寺がなく、お墓をもっていない人です。また、会葬者の数が50人前後にすることと、自宅または近くの集会場、公的斎場が式場として利用できることです。これらが人気の理由です。

葬祭の豆知識

葬儀だけでなく、葬儀の後始末にも賢く対処することも大切です。葬儀費用は、葬家にとっては出費ですが逆に収入になるものがあります。例えば、代表的なものとして香典や生命保険などの保険金があります。また、葬家の人に公的に入ってくるお金の一つとして葬祭費の支給があります。実は、健康保険や国民健康保険から葬祭料と埋葬料が支給されます。健康保険の場合は故人が健康保険の加入者であった場合、給与の1ヶ月分が埋葬料として支給されます。被扶養者が死亡した場合は家族埋葬料が支給されます。これは、社会保険事務所や健康保険組合に申請する必要があり、申請期限は死亡してから2年以内です。これについては、会社の総務課などで行ってくれる場合もあります。よく確認することが大切です。