葬儀を行わない選択

費用面での負担が少ない

お墓

亡くなった者の葬儀などを行わずに火葬のみを行う直葬は、様々な理由で選択される一つの方法です。費用面での負担が軽減できる場合や特に信仰などがない場合、人間関係がほとんどない場合など理由は様々ですが、直葬が人気の理由はその中でも費用面の負担が少ない点にあるのではないでしょうか。亡くなった後には葬儀などで、多くの費用が必要になる場合があり、この負担をできない者も少なからずいらっしゃいます。そのような方にとって少しでも費用負担を軽減できる直葬は、非常にありがたいサービスであると言えるかもしれません。直葬は墓などを持っている場合、納骨の際にできなくなる場合もありますので、その点は寺の方と行う前に話し合っておく事を気をつけましょう。

今後の死後の形

近年では孤独死などの問題もあり、身寄りなく一人で生きている方も珍しくはありません。そのような方や経済的にも不安な方などにとって、直葬は費用の面でも後に残される身近な方々にとっても費用負担が少ない方法の一つと言えますので、今後その需要も益々高まっていくのではないでしょうか。生前に遺言として直葬を望む旨を伝えておけば、死後の心配も少なくなり、そのための直葬の費用分くらいお金を残しておければ、安心だと言えます。また、独り身の方々が協力して死後の様々な雑務を助け合うようなサービスなどもありますので、これに直葬などの葬儀の形が合わさり独り身でも安心して暮らせる仕組みも、今後さらに発展していくかもしれません。